東大教養西洋史 封建社会の崩壊 第2巻

封建社会の崩壊 東大教養西洋史

Add: ycehy66 - Date: 2020-12-12 06:15:44 - Views: 9603 - Clicks: 1017

東大教養西洋史 第2巻 封建社会の崩壊 【中古】. See full list on saavedra. 4 形態: 176p ; 21cm 著者名: 秀村, 欣二 シリーズ名: 東大教養西洋史 ; 第2巻 書誌ID: BN15132135. 鈴木董 「オスマン帝国の古都ブルサ」 『レポートくまがい』 第72号 株式会社熊谷組 (1983. 社会主義経済の崩壊と経済体制論.

2.×記憶の場 3巻 ピエール・ノラ(第2巻の三色旗、ラ・マルセイエーズ、エッフェル塔などを拾い読み) 3.ヨーロッパ文明批判序説 工藤庸子 大学230. これは個人的に一番おすすめのシリーズです。 文章が読みやすく、図盤が多いので視覚的にも理解しやすい。 全10巻と内容も多くはなく、なにより一人の著者が全巻を執筆しているので内容がぶれることがなく、読みやすさにもかなり配慮されていると思います。 ただし、著者がイギリス人であるためか、若干西洋中心主義的な雰囲気もなくはありません。たとえば4巻の『ビザンツ帝国とイスラーム文明』には、「モンゴル軍の目的は侵略と破壊というきわめて単純なものでした」という記述があります。おそらく日本のモンゴル史家ならこうは書かないでしょう。もっとも、モンゴルの征服によりユーラシアのほぼ全域に「パクス・モンゴリカ」が行き渡り、巨大な交易圏が成立したことにもきちんと触れられています。 難を言えば年号があまり書かれていないことくらいで、多くはない分量の中でイスラム史やインド史なども十分スペースを割かれていると思います。中国史については少々物足りなさは感じますが、中国史はそれだけで一ジャンルになってしまうのでこの分量では書ききれないのは仕方がないのでしょう。なお、8~10巻は近現代史の内容ですが、この3巻は立花隆氏が「日本の成人すべてに読んでほしい現代史3冊」と高く評価しています。. この存命人物の記事には、出典が 全くありません 。 信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。.

) 叩衣笠茂・田村満穂・中村賢二郎・庚実源太郎著「概説西洋史j(東京創元社, 昭和57年. 封建社会の崩壊 (東大教養 西洋史2) ヨーロッパの成立 (東大教養西洋史1). 封建社会の崩壊 秀村欣二編 (東大教養西洋史, 第2巻) 東京創元新社, 1959. ヨーロッパ史一般, フランス史, ドイツ・オーストリア史, イギリス・アイルランド史, 古代ローマ史, 古代ギリシア史 の優れたセレクションからの 本 のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。. 東大教養西洋史 封建社会の崩壊 第2巻 社会学教育の実態と動向等に関する調査 (平成6年度科研報告書) インドネシア経済発展研究会中間報告書 平成3年度 封建社会の崩壊 (東大教養 西洋史2). 古代ローマ史の泰斗による、古代地中海世界の歴史。講談社現代新書で好評を博したシリーズ「新書西洋史」全8冊のうちの第2巻として刊行されたが、単なる概説書にとどまらず、古代史への新しく、大きな視座を提供した、定評ある意欲作。 本書は、ほぼ年にわたるギリシア・ローマの.

登録日 /08/07(日経過) 記録初日 /12/09(2313日経過) 読んだ本 471冊(1日平均0. 明治三十年 第一高等學校 英語(一部) 英文和譯 2. He was a quiet, honest man and talked no more than he could help. 2〈104~111〉の紹介 104号 ――1962. ⑪ 木村尚三郎編「封建社会の崩壊」(東大教養西洋史2,東京創元社,昭和56 年.) ⑫ 秀村欣二編「ヨーロッパの成立」(東大教養西洋史1,東京創元社,昭和57 年.).

仰木村尚三郎編「封建社会の崩綾j(東大教養西洋史2,東京創元社,昭和56 年. 4 形態: 176p ; 21cm 著者名: 秀村, 欣二(1912-) シリーズ名: 東大教養西洋史 ; 第2巻 書誌ID: BN08400777. 検索条件:cb_aid = "aa:" and webopac = "0" and cb_kind = "b,mp" 結果件数:図書 49 件 図書 1. 12 (昭和37年) 105号――1962. 20冊) 読んだページ 127049ページ(1日平均54ページ). 5Ku17 4.パリ 都市の記憶を探る ちくま新書 7FS235. 集團と社會(講座社会学:第2巻) 社會と文化(講座社会学:第3巻) 近代日本の生活研究 : 庶民生活を刻みとめた人々 人間関係の心理学 現代社会心理学 社会統計入門 : 経済学を学ぶもののために 企業合理化と地方都市 : 釜石市における対応と展開 日本の階層構造. Poor as he was, he was above selling his honour at any price.

なる。第1章,課題の限定,第2章,地代償却の具体的事例,第3章,地代 償却関係全国統計とその問題点。 ドイツ近代社会成立の基礎過程をなす営業の自由政策が,1871年のドイツ 帝国営業法によって統一的に実施されたのに対して,「農民解放政策は,各 こちらは多くの図書館に収蔵されているので、知っている方も多いでしょう。 旧版に足りなかった部分を意識したのか、イスラム関連やインド史などもずいぶん充実し、ラテンアメリカやアフリカ史にも独立した巻があります。 シリーズ構成は以下の通り。 (1)人類の起原と古代オリエント 文庫 (2)中華文明の誕生 文庫 (3)古代インドの文明と社会 文庫 (4)オリエント世界の発展 文庫 (5)ギリシアとローマ 文庫 (6)隋唐帝国と古代朝鮮 文庫 (7)宋と中央ユーラシア 文庫 (8)イスラーム世界の興隆 文庫 (9)大モンゴルの時代 文庫 (10)西ヨーロッパ世界の形成 文庫 (11)ビザンツとスラヴ 文庫 (12)明清と李朝の時代 文庫 (13)東南アジアの伝統と発展 文庫 (14)ムガル帝国から英領インドへ 文庫 (15)成熟のイスラーム社会 文庫 (16)ルネサンスと地中海 文庫 (17)ヨーロッパ近世の開花 文庫 (18)ラテンアメリカ文明の興亡 文庫 (19)中華帝国の危機 文庫 (20)近代イスラームの挑戦 文庫 (21)アメリカとフランスの革命 文庫 (22)近代ヨーロッパの情熱と苦悩 文庫 (23)アメリカ合衆国の膨張 文庫 (24)アフリカの民族と社会 文庫 (25)アジアと欧米世界 文庫 (26)世界大戦と現代文化の開幕 文庫 (27)自立へ向かうアジア 文庫 (28)第2次世界大戦から米ソ対立へ 文庫 (29)冷戦と経済繁栄 文庫 (30)新世紀の世界と日本 文庫 ボリュームは旧版に比べて倍近くに増えていますし、イスラム史や東南アジア史・アフリカ史が少ないという旧版の弱点も克服されています。が、読みやすさに配慮されていた中公旧版に比べ、良くも悪くも巻ごとに著者の個性が強く出る内容になっており、巻によっては必ずしも世界史の入門書としてはおすすめしにくいものもあります。 たとえば10巻の『西ヨーロッパ世界の形成 』などは政治史の部分がかなり少なく、社会史や生活史が大部分を占めています。中世ヨーロッパの暮らしについて知りたい方にはいいでしょうが、中世ヨーロッパの政治史はこれでは理解できません。明らかに基本的な政治史を知っている読者向けです。. 興亡の世界史シリーズについては一度こちらのエントリで紹介しました。 saavedra. com ただしこのシリーズも巻によって著者が違うため巻によってはそれなりに癖もあり、特に『疾駆する草原の征服者』などはモンゴル史家の杉山正明氏が書いているためか、遼の記述が巻の半分程度を占めています。もっとも、遼に関する本は少ないのでこれはこれで貴重でもあり、特に遼と五代の国家との関係などは私にはかなり楽しめました。杉山氏の著書や契丹族が好きな方になら間違いなくおすすめですが、そのぶん中華びいきの方には厳しいかもしれません。 明・清時代と同時代のモンゴル・チベット史については『紫禁城の栄光』も参考になります。 saavedra. このあたりになるとそろそろ概説書とも言えなくなるような気もしますが、国内で手に入るもっとも詳しい各国史はこれなので、国別の歴史を知りたい方にはおすすめです。高いぶんだけ内容も充実していて、コラムの内容も勉強になります。政治史が中心で文化史や社会史の記述は少ないですが、そのかわり政治史についてはかなり厚みのある内容になっています。上記のロシア史の巻はキエフ公国時代のロシア史について書かれている貴重な本で、類書が他にあまりないので紹介しました。 saavedra. 封建社会の崩壊 木村尚三郎編 (東大教養西洋史, 第2巻) 東京創元社, 1971.

2 : 1950年代の西インドからイギリスへの移民. 多摩郷土研究 複製版第一巻~第六巻 創刊号~25. 東大教養西洋史 第2巻 封建社会の崩壊. 封建社会の崩壊 フォーマット: 図書 責任表示: 秀村欣二編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京創元社, 1959. 2909. 73巻第2 号 (年7月).

シリーズの構成は以下のとおりです。 1 古代文明の発見 貝塚茂樹 2 ギリシアとローマ 村川堅太郎 3 中世ヨーロッパ 堀米庸三 4 唐とインド 塚本善隆 5 西域とイスラム 岩村忍 6 宋と元 宮崎市定 7 近代への序曲 松田智雄 8 絶対君主と人民 大野真弓 9 最期の東洋的社会 田村実造 10 フランス革命とナポレオン 桑原武夫 11 新大陸と太平洋 中屋健一 12 ブルジョワの世紀 井上幸治 13 帝国主義の時代 中山治一 14 第一次大戦後の世界 江口朴郎 15 ファシズムと第二次大戦 村瀬興雄 16 現代―人類の岐路 松本重治 村上春樹も愛読していたというシリーズですが、今はもう古本でしか手に入りません。 古代中国の貝塚茂樹、中世ヨーロッパの堀米庸三、宋と元の宮崎市定など著者の顔ぶれは錚々たるものですが、これらの著者の著作はもはや「古典」であって、内容としては古びている部分も少なくありません。 このシリーズの特色は、なんといってもリーダビリティーの高さにあります。 どの巻も読みやすさにはかなりの注意が払われていて、興味深いエピソードなどがたくさん盛り込まれており、歴史にあまり馴染みのない読者でもすんなりと入り込めるように工夫されています。13巻の『帝国主義の時代』は個人的にあまり興味の持てないところでしたが、それでも学生時代はかなりのめり込んで読んだことを覚えています。 なにしろ古いシリーズなので内容が政治史に偏っていて、あまり文化史・社会史的な内容が読めないきらいはありますが、そうしたものはまず政治史を抑えた上で肉付けするものだと思うので、そういう意味ではまずこれから読むのもいいかもしれません。ただし東南アジアについて独立した巻がなく、イスラムやインド、アフリカなどについての記述が薄いため、その部分は他のシリーズで補う必要もあるかと思います。 個人的な一番のおすすめは6巻の『宋と元』です。宋代において中国では西洋に先んじて「東洋のルネサンス」が起こったというのが東洋史学の泰斗・宮崎市定の主張ですが、これが読めるのが本書の醍醐味です。. 地中海世界は、それらすべてのものの出発点であり、母胎であり、故郷なのである。巻末解説を、東大名誉教授・本村凌二氏が執筆。〔原本:『新書西洋史2 地中海世界――ギリシアとローマ』講談社現代新書、1973年〕【商品解説】. com このシリーズは『唐とシルクロード』のように比較的専門性の高いものもあり、必ずしも概説書として使えるものばかりではありませんが、『アレクサンドロスの征服と神話』はヘレニズム史、『オスマン帝国500年の平和』はオスマン帝国史、『ロシア・ロマノフ王朝の大地』はロシア史の通史として普通に使えます。未読ですが、『地中海世界とローマ帝国』もローマ史の著作の多い本村凌二氏の本なので手堅いだろうと思います。『通商国家カルタゴ』はカルタゴの通史なので、ローマ史とセットで学べばさらに面白さが増すと思います。 『モンゴル帝国と長いその後』は通史と言うよりは価値観の話が多いのであまり概説書としては向きませんし、モンゴル史を知るための最初の一冊としても適していません。『大英帝国という経験』はイギリス社会を様々な面から活写している好著ですが、これもまずは英国史を別の本で押さえてから読んだほうがいいものと思います。. 「史記 孝文本紀 第十」(延久5年(1073)写)および「類聚国史 巻第二十五」(平安時代末期写)の国宝2点は、この文庫に含まれていたものである。本学指定の貴重書も、その過半は狩野文庫本である。. 鈴木董 「回顧と展望—西アジア・北アフリカ イスラム時代」 『史学雑誌』 第92巻 第5号 山川出版社 (1983. 第2回大陸会議でワシントンが植民地軍総司令官に任命される: 1775 近代: アメリカ: アメリカ独立戦争が始まる(~1783) 1775 近代: インド: イギリスとマラーター同盟の間で第1次マラーター戦争が起きる(~1782) 1775 江戸時代: 日本.

何年か前にこの本がずいぶん売れているというニュースを目にしましたが、この本には類書にはない大きな特徴があります。それは、「なぜ歴史がそのように動いたのか」ということを、可能な限り記述しているという点です。退屈な史実の羅列とは全く異なり、多くの史実の背後にどのような因果関係があるかを解説してくれるので、読んでいて飽きることがありません。私は今でもこれをよく読み返しています。 ただし、この本はアレクサンドロスやチンギス・カンのような英雄の活躍を読むための本ではありません。本書では歴史を技術の進歩や地理的環境から説明している部分が多く、歴史上の人物については最低限の解説しかされないので、この本を読んでも受験勉強にはおそらく役立ちません。英雄の伝記より『銃・病原菌・鉄』や『文明崩壊』などが好きな方な向けです。. ◎ 東大教養西洋史2 封建社会の崩壊 木村尚三郎編 昭和47年東京創元社 154p 商品詳細 ◎ # 歴史関係 ◎ カバーには背ヤケスレ汚れ痛み経年シミありです。. ) 仰秀村欣二編「ヨーロッパの成立j(東大教養西洋史 1,東京創元社,昭和57年. 田中穂積他 / 西洋史〔叢書・教養学〕 / 世界書院 / 1988 田中 通裕 / フランス親権法の発展1~4(法と政治・関学大38-2;39-1,2;40-1) / 1987 出村彰・宮谷宣史 / 聖書解釈の歴史 / 日本基督教団出版局 / 1986. 封建社会の崩壊 フォーマット: 図書 責任表示: 秀村欣二編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京創元新社, 1959.

この存命人物の記事には、出典が 全くありません 。 信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります. 11 11版, 改訂新版. Amazonで木村 尚三郎の東大教養西洋史 第2巻 封建社会の崩壊。アマゾンならポイント還元本が多数。木村 尚三郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. com 11.中公文庫の物語歴史シリーズ 世界歴史大系シリーズは内容は充実していますが、値段が高いですしイギリスやフランスなど大国の歴史がメインなので、もっとコンパクトな各国史が読みたい方にはこちらがおすすめです。このシリーズはマイナーな国や地域も多く取り上げているので、気になるところを読むだけでも面白いと思います。特にウクライナやカタロニアなど、あまりなじみのない地域のものの方が初めて知ることが多く読み応えがあります。定期的に刊行が続いているシリーズでもあり、今後もナイジェリアやオーストリアなどをテーマにしたものが出ます。 なお、『物語ドイツの歴史』は『ハーメルンの笛吹き男』など多くの名著をものしている阿部謹也氏が書いていますが、新書で読めるドイツの通史としては岩波の『ドイツ史10講』のほうが良い内容ですのでこちらも紹介しておきます。 10講シリーズはほかにイギリス史とフランス史がありますが、イギリス史10講は内容は良いものの、初心者がいきなりイギリス史の入門書として読むには少しハードルが高いように感じられました。イギリス史は海外の植民地との関係が深く、ブリテン島の歴史として完結しないので、『砂糖の世界史』などと併読するのがいいかと思います。中公新書の『物語イギリスの歴史』は上下巻に分かれていますが、これもかなり良い内容です。 新書で世界史の著作といえば出口治明氏が書いている『人類5000年史』もありますが、こちらはまだ3巻までしか刊行されていないので全体としてのレビューはまだできません。3巻までの書評はこちらに載せています。 saavedra.

帝国主義時代の研究 江口朴郎/CBA 商品説明 経年による強い痛み、または汚れがある商品です。その旨ご了承いただける方のご入札をお願いします。 配送方法 ・クリックポスト(188円)・佐川急便 北海道 1080円 (北海道) 北東北 864円 (青森県, 岩手県, 秋田県) 南東北 756円 (山形県, 宮城. 本・情報誌『東大教養西洋史 封建社会の崩壊 第2巻』のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:東京創元社. 「シチリア王国」『講座世界史第1巻:世界史とは何か~多元的世界の接触の転機~』(歴史学研究会編)、東京大学出版会1995年、159-171頁 「フランス中世における地域と国家~国家的枠組みの変遷~」『地域の世界史2:地域のイメージ』(辛島昇・高山博. 【tsutaya オンラインショッピング】東大教養西洋史 封建社会の崩壊 第2巻/ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. 時:十年、過去・現在・未来――女性国際戦犯法廷のこと.

東大教養西洋史 封建社会の崩壊 第2巻

email: bacume@gmail.com - phone:(179) 830-5853 x 5446

中村彝 - 鈴木秀枝 - 変貌する現代絵本の世界 永田桂子

-> 他人のふたご - アナイス ボルディエ
-> 受注に成功する!土木・建築の技術提案 - 降籏達生

東大教養西洋史 封建社会の崩壊 第2巻 - シリーズ現代の天文学


Sitemap 1

伊勢物語・竹取物語 - 三省堂 - 雑貨統計年報 通商産業省